本文へジャンプ

日本メイクアップ技術検定試験とは


日本メイクアップ技術検定試験とは

メイクアップ技術検定試験は、国際的に通用するメイクアップアーティストの育成を目指し、社団法人 JMAの定める正しいメイク基準としています。


日本メイクアップ技術検定試験内容

3級 2級 1級
受験料
認定証込み
¥7,020(税込) ¥7,020(税込) ¥9,180(税込)
目標値

 

実技試験

30分間でスキンケアからベースメイクとチーク・ハイライト 、ローライトまで行う

実技試験

50分間でスキンケアからフルメイクを行う

実技試験

15分間で、カウンセリングとスキンケアまで行う
30分間でベースメイクからモデルのリクエストを踏まえたイメージメイク(フルメイク)を行う

範囲

手指消毒
・ポイントメイク クレンジング
・クレンジング
・スキンケア
・メイクアップベース
・コントロールカラー
・ファンデーション
・コンシーラー
・フェイスパウダー
・チーク
・ハイライト
・ローライト

事前審査の内容も試験に含まれます。

・セッティング
・身だしなみ
・モデルのメイク状態

手指消毒
・ポイントメイク クレンジング
・クレンジング
・スキンケア
・メイクアップベース
・コントロールカラー
・ファンデーション
・コンシーラー
・フェイスパウダー
・リップケア
・アイブロウ
・アイシャドウ
・アイライン
・ビューラー&マスカラ
・リップ
・チーク
・ハイライト
・ローライト

事前審査の内容も試験に含みます。

・セッティング
・身だしなみ
・モデルのメイク状態

カウンセリリング
手指消毒

・ポイントメイク クレンジング
・クレンジング
・スキンケア
・メイクアップベース
・コントロールカラー
・ファンデーション
・コンシーラー
・フェイスパウダー
・リップケア
・アイブロウ
・アイシャドウ
・アイライン
・ビューラー&マスカラ
・リップ
・チーク
・ハイライト
・ローライト

使用アイテムと手技は、自由

事前審査の内容も試験に含みます。

・セッティング
・身だしなみ
・スキンケア後のモデルの肌状態

時間 30分 50分 15分•30分
合格ライン 100点満点中、80点以上で合格
モデル 必要 必要 必要

注意事項

  • 検定試験は、「日本メイクアップ技術検定試験公式テキスト」に基づいて行われます。
  • 飛び級での受験はできません。
  • 上位級を取得するためにはその下位級に合格していることが条件です。
  • 同時受験は、3級と2級のみ可能です。
  • 3級実技不合格の場合、2級仮合格制度があります。

 

日本メイクアップ技術検定試験 申込

受験申込要項

社団法人 JMA(以下「JMA」)は、 JMAホームページの日本メイクアップ技術検定試験受験申込ページにて、所定の受験申込手続きを経た受験申込者(以下「受験者」)に対し、指定された試験会場において該当する試験の受験を認めます。ただし、期日までに受験料を振り込んだことを条件とします。「受験者」はこの受験申込要項を承諾の上で所定の申込手続きを行ってください。

【1】受験申込の方法
日本メイクアップ技術検定試験の 受験申込みは、日本メイクアップ技術検定試験 申込みページからの申込みにより受け付けます。受験者はあらかじめ「受験申込要項」 を確認のうえ同意を必要とします。
【2】受験票の発行
  1. 受験に必要となる受験票は、「受験者」が所定の受験申込手続きを経て受験料の払込終了後、JMAで入金が確認された上で発行され、「受験者」に送付されます。受験の際には、必ずこの受験票の提示及び提出が求められますので、手元に届いたら、充分注意の上、保管し、試験当日持参してください。
  2. 受験票は厳重に管理していただくとともに、一切の不正使用を禁じます。受験票は、「受験者」の自己責任において管理するものとし、不正使用等による損害が発生しても、JMAはその責を負いません。また、受験票を第三者と共有することや、第三者への貸与、譲渡は一切禁止とします。
  3. 受験票の発行により、受験申込手続きが完了となります。「受験者」は、該当する試験それぞれの決まりに従い受験しなければなりません。また、一度振り込まれた受験料は、返金いたしませんのでご注意ください。
  4. 受験料払込後、所定の期日までに 受験票が届かない場合は、JMA事務局(03-5765-9123)まで必ずお問い合わせください。
【3】試験実施日時および受験の権利行使期間について
JMAが実施する検定試験は試験実施日時を設けており、指定日時終了後は「受験者」の受験する権利が 消滅します。ただし、「JMA」が不可効力と認めた場合に限り、再受験等の権利行使期間を設けることがあります。
【4】試験結果の通知
全ての受験者(欠席者は除く)に対して、合否通知書を所定の期日までに送付します。合否判定通知書が届かない場合は、必ずJMA事務局(03-5765-9123)までお問合せください。「JMA」が定める合否発表日から起算して一ヶ月以上経過した場合は、合否通知書の再発行依頼には応じられません。
【5】解答内容の非公開
提出された解答データ ・解答用紙等の内容については、一切公開いたしません。解答内容の確認および返却等の要望についても一切応じられません。
【6】知的所有権等の権利帰属
JMAが実施する検定試験に関する 試験問題等の著作権(著作権法第27条 および第28条で規定)と著作者人格権 (著作権法第18条から第20条で規定)など一切の知的所有権はJMAに帰属します。「受験者」による試験問題 ・解答用紙等の複製、改変、編集、領布等及びJMAの権利を侵害する行為の すべてを禁じます。

試験規則

第1条
一般社団法人JMAは、この規則により日本メイクアップ技術検定試験を行う。
第2条
試験の日時及び場所はその都度定める。
第3条
検定は1級を最高とし、3、2、1級の3段階に分かれる。
第4条
試験の科目及び範囲を下記内容とする。
3級:スキンケア〜ベースメイクとチーク・ハイライト・ローライト
2級:スキンケア〜フルメイク
1級:スキンケア〜カウンセリングとイメージメイク(フルメイク)
第5条
試験の採点は、各級、満点を 100点とし、得点 80点をもって合格とする。
第6条
合格者には認定証(ディプロマ)を発行する。
第7条
受験資格は下記のとおりとする。
3級:制限しない
2級:当協会検定3級合格者
1級:当協会検定2級合格者
3級、2級は同時受験ができる。
第8条
受験者は規定の申込及び受験料を指定の期日までに提出しなければならない。
受験料は別に定める。受理した受験料は、協会側の試験施行中止などの事情のほかは返還しない。
第9条
技術試験官、試験問題作成委員、試験監査委員などは、一般社団法人JMAが委嘱する。
第10条
原則として、遅刻や受験票忘れの場合は失格とする。また、カンニング等の不正行為を行った場合も失格とする。

実施会場

※会場が変更になる場合もございます。必ず受験票にてご確認ください。

【東京会場】連合会館

住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11

» 会場地図情報(Google マップ)

【名古屋会場】愛知県産業労働センター ウィンクあいち

住所:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

» 会場地図情報(Google マップ)

【大阪会場】新大阪丸ビル新館

住所:大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目18−27

» 会場地図情報(Google マップ)

【広島会場】広島美容専門学校 予定

住所:広島市中区千田町3丁目15-1

» 会場地図情報(Google マップ)

【福岡会場】八重洲博多ビル

住所: 福岡市博多区博多駅東2丁目18番30号

» 会場地図情報(Google マップ)

【沖縄会場】専修学校ビューティーモードカレッジ 予定

住所: 沖縄県那覇市東町 23-5

» 会場地図情報(Google マップ)

申込みはコチラ

» 銀行振込の方はコチラ

» クレジットカード決済の方はコチラ


Copyright© JMA. All Rights Reserved.

 

JMA動画

催しのご案内(イベント/セミナー)

Loarding...

カレンダーの赤字の日はイベント・セミナーが予定されています。クリックして詳細をご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る