一般社団法人JMA

講師になりたい!!

JMA認定講師

JMAには、ヘアメイク、色彩、まつ毛エクステンションなど高いレベルを有する「JMA認定講師」が多く所属しています。
JMA認定講師は、一般社団法人JMAの理事会で承認され、集中セミナーにおいて資格試験に合格することにより、与えられる資格です。
日本メイクアップ技術検定試験1級とティーチング試験3種、セルフメイク認定講師、メイクアップ シニアアドバイザー資格を有し、
JMA又は認定校、認定企業、法人正会員において、検定授業やセミナーを担当する講師及び検定試験時の試験官として活動をしています。

応募資格
  • 美容現場歴または美容講師歴3年以上
  • 美容師有資格者 歓迎
  • 日本メイクアップ技術検定試験 有資格者 歓迎
  • 20代〜30代 歓迎
申し込みの流れ
  1. JMAホームページのトップページより、「JMA認定講師集中セミナー」「セルフメイク講師研修」「メイクアップシニアアドバイザー資格認証講習」の3つのセミナーに申し込む

      ▼

  1. エントリーシートと履歴書、職務経歴書下記に郵送(※JMA認定講師エントリー用紙ダウンロード)

 〒108-0073 東京都港区三田2-7-7 芳和三田網坂ビル3F
一般社団法人JMA認定講師採用担当 宛 (履歴書在中と明記すること)

      ▼

  1. 書類審査

         

  1. 採用確定者に、申し込み受付のご連絡と費用振込のご案内

      ▼

  1. 費用のご納入 (指定期日までに指定口座にご納入願います)
    (ご納入後は、いかなる理由の場合もキャンセル及び返金はできませんのでご了承ください)

    ▼

  1. 集中セミナー、セルフメイク講師研修、メイクアップシニアアドバイザー資格認証講習のご案内送付
JMA認定講師になるために必要なこと
  • 個人会員に登録
  • JMA認定講師集中セミナーの受講
  • 日本メイクアップ技術検定試験3級〜1級合格
  • 3級ティーチング試験合格
  • 2級ティーチング試験合格
  • 1級ティーチング試験合格
  • セルフメイク講師研修の受講
  • メイクアップシニアアドバイザー資格認証講習受講
  • メイクアップシニアアドバイザー資格認証試験合格
JMA認定講師のできること

JMA又はJMA法人会員(認定校・認定企業・法人正会員)において、下記の検定授業やセミナーを担当する講師及び検定試験の試験官として活動することができます。

  1. 日本メイクアップ技術検定試験3級〜1級の授業及び対策セミナーができる
  • JMAから業務依頼があった場合
  • JMA法人会員(認定校・認定企業・法人正会員)との契約により、法人から学内認定講師として登録された場合は、その法人会員にて授業ができる
  • 独自に対策セミナーができる
  1. 日本メイクアップ技術検定試験3級〜1級の試験官ができる
  • JMAから業務依頼があった場合
  • JMA法人会員(認定校・認定企業・法人正会員)との契約により、法人から学内認定講師として登録された場合は、その法人会員にて試験官ができる
 講師会について

 JMA認定講師は、一般社団法人JMAの講師会メンバーとして年1回の「合同講師会」に参加する義務があります。
合同講師会では、JMAの近況報告、検定報告、スキルアップセミナーなど講師活動に役立つ情報をお伝えし、講師間の交流を深めています。

JMA認定講師体系 

各セミナーと費用

  1. 受験料(認定証代金含む)

  1. テキストは、講師価格でお求めいただけます。オンラインストアからご注文いただく際、「備考欄」に「認定講師集中セミナー受講者」と書いてください。記載がない場合は、定価の販売になります。

(セミナー開催1週間前までにお求めください)

  1. 個人会員登録及び費用については、ホームページにてご確認の上お申し込みください。なお、更新は毎年1回必要です。
  • 登録費用(入会金・年会費) 20,600
  • 更新費用 20,600円      ※学内認定講師に登録している場合の更新費用は、16,500円です。
登録後

JMA認定講師バッジ進呈(契約解除時に返却・紛失の場合は5,000)
JMA認定講師楯(任意です。必要な方は、別途7,000) 

セルフメイク認定講師

「JMA セルフメイク検定」の試験官及び「セルフメイク公式テキスト」を使用した「JMA セルフメイク講座」の講師として活躍できる人です。
「セルフメイク講座」を開催した場合、あなたの受講者には「セルフメイク講座終了証」をJMAが発行します。(申請が必要です)


セルフメイク認定講師になるには

1.JMA個人会員に登録すること
2.日本メイクアップ技術検定試験 1級以上を取得していること
3.セルフメイク認定講師研修を受講すること
4.セルフメイク認定講師として登録すること
5.セルフメイク公式テキストの購入

ヘアアレンジ認定講師

全国のサロン技術者、美容専門学生、一般の方を対象に、「セミナー講師」「講習会の開催」「検定試験時の試験官」としての活動を行うことができます。

認定講師になるには

1.JMA個人会員に登録すること
2.認定講師育成セミナーに2 日間参加し、ベーシック資格とアレンジ資格の検定試験とティーチング試験に合格すること

資格取得後

資格を取得された方は、検定対策セミナー、検定試験官を担当することができます。

【講習会】
・ベーシック資格とアレンジ資格の対策セミナーを開催できます。 

【検定試験】
・ヘアアレンジ認定校及びJMAの業務依頼ガあった場合、ベーシック資格とアレンジ資格の検定試験官ができます。

メイクアップアドバイザー認定講師

日本メイクアップ技術検定試験1級とメイクアップ シニアアドバイザー資格認証試験に合格したJMA認定講師及び学内認定講師が受講対象です。
豊富な現場経験とメイクアップ知識、技術、接客の高いスキルと美容の現場経験を持ちあわせ「メイクアップ シニアアドバイザー資格認証講習」が担当できる講師です。

メイクアップアドバイザー認定講師になるには
  • メイクアップ シニアアドバイザー資格認証講習を受講し、資格認証試験に合格していること
  • 日本メイクアップ技術検定1級に合格していること
  • メイクアップアドバイザー検定試験に合格していること(2017年4月以降)
  • メイク接客の現場経験3年以上があること
  • 講師研修を受講し、レクチャー試験に合格していること
    ※レクチャー試験に不合格だった場合、2日間の講師研修とレクチャー試験を再度受講しなければならない。(追試費用5,700円)
    なお、日程は、JMAの定める講師研修日のいずれかに参加すること。

1.JMAメイクアップ アドバイザー認定講師

JMAより業務依頼を受けた場合のみ、「メイクアップ シニアアドバイザー資格認証講習」の講師を務めることができます。
個人的な講習会実施は、できません。

2.学内(企業内)メイクアップ アドバイザー認定講師

所属 学内または、企業内において、学生または社員対象に「メイクアップ シニアアドバイザー資格認証講習」の講師を務めることができます。
学外、または所属企業外での個人的な講習会実施は、できません。
「メイクアップ シニアアドバイザー資格認証講習」を行なう場合は、講習実施日の40日前までに申し込み及び、受講者リスト提出
 受講者人数・・・制限なし
 ※ テキストは、受講人数分 必ず購入していただきます。コピーなどの不正が見つかった場合は、資格認証は、できません。

PAGETOP